<ソンクラン(タイ正月)のお知らせ>ソンクランのため4月16日まで発送業務をお休みしております

ずいぶん前にこのタイトル「タイ漢方の力で《青春》よもう一度!」でブログを書いたのですが、いまだにこの男性向けサプリメントのブログが検索上位で表示され、多くの方が当健康ファーマシーにご来店になります。取り扱い商品の入れ替わりもあるため毎年内容を更新しているのですが、今回はこちらの日本向け個人輸入代行の「健康EMS」のページで新たに記事にしたいと思います。

 

「タイ漢方」と一口に言ってもあまりピンと来ないかも知れませんが、ここタイ王国にはクラチャイダムを始めとするタイ特産のハーブがあります。ここでは、いわゆる「中国漢方」とは異なる種類の原材料を用い、さまざまな効能を期待する自然由来のタイハーブを調合したサプリメントのことを「タイ漢方」と呼ぶことにします。

 

当店ではカオラオー(KHAOLAOR)社のクラチャイダムを代表とするさまばまなタイハーブを取り扱っておりますが、中でも特に人気が高いのが男性向けサプリメント。精力剤の類いですね。クラチャイダムそのものも精力効果があるとされていますが、ここではクラチャイダム単独よりもより力強く効き目があると評判のものを紹介したいと思います。

 

 

これらのタイ漢方の精力剤の成分をチェックしてみると、不思議とすべての商品にクラチャイダムが含まれています。やっぱりクラチャイダムは男性向けサプリメントとしては基本となるものなのでしょう。クラチャイダムをベースの成分とし、各精力剤ごとに様々なレシピで調合されています。期待する効果は同じでも、その効き方には結構違いがあります。

 

この精力剤は効くけれどもこっちの精力剤は全然効かない...など、それぞれの精力剤で効き目にも個人差があります。また、効果が数時間程度の持続だったり、ものによっては1~2日と長時間効果が持続するものだったりします。ご自身にどの精力剤が適切か、アドバイスするのは難しいところです。まずはお試し頂くのが一番でしょう。ご自身にぴったりの精力剤が必ずあるハズです。

こちらが2023年最新の売上データで、タイ王国シラチャの健康ファーマシー店頭と、日本向け個人輸入代行の健康EMSの両方でNo.1となるグレックゥー・カプセル(GRAKCU CAPSULE)。特徴として「しっかり&長時間効く」と評判の精力剤です。以前、当店のNo.1人気だったミラクルコーヒーに匹敵するその効き目。特にご年配の方にまずは試して頂きたい精力剤です。

つぎにご紹介するのがこちらのスタンドアップ(STAND UP)。店頭で良くバンコクで売っているG7がないか? と聞かれるのですが、そういったお客様にお勧めするとほぼリピート頂く人気商品です。G7の約半額で効き目はG7よりも良く効くと評判です。価格もお手頃なので、初めて精力剤を使う方にまずお勧めしたい商品です。

さて、こちらは新たに取り扱いを始めた精力剤、チュー(CHU)です。実はちょっと前からパタヤの釣り友の間で話題となっていたもの。じんわりじっくり効くと評判です。コスパも良く1箱10カプセル(10回分)でスタンドアップと同じ価格。つまり半額です。コスパ重視の方は是非お試しになってみて下さい。

このジウジェン強壮カプセルも、グレックゥー・カプセルやスタンドアップと並んで当健康ファーマシーの定番となっている精力剤です。特に健康EMSの通販で人気が高くリピーターの多い商品。しっかり力強く効くのが特徴的です。また、効き目の割に顔のほてりや動悸、頭痛などの副作用がほとんどないと愛用される方が多いようです。

お次はお土産としても人気のコーヒータイプの精力剤。このタイプの精力剤は結構昔から東南アジアでなじみがあり、特にマレーシアではこのコーヒータイプの精力剤がポピュラーなようです。店頭価格ですと10~12袋(10~12回分)で350~480THB。健康EMSで通販される場合は、重たいため送料がかさみやや割高かも知れませんが、それでも悪くないコスパです。

当店ではこのコーヒータイプの精力剤を現在3種類販売しております。マーカーオ・コーヒー(MA KHAW COFFEE)コーヒー闘牛戦士(カーフェー・ウアチョン・コンスー)は価格がビミョーに違いますが、効果はほぼ同等という感じでしょうか。それほどの違いは感じません。どちらも半日程度は効果が持続するかと思います。

ゴーマックス・コーヒー(GOMAX COFFEE)は、当店の扱うコーヒータイプの精力剤の中では最高峰。お値段も他の2つと比べてお高めですが、効き目もその分お高めと言えるかもしれません。個人的にはコーヒーのお味が一番好みなのがこのゴーマックス・コーヒーです。違いが分かる男が選ぶなら、このゴーマックス・コーヒーかも知れませんね(笑)

 

いずれにせよ、どれがご自身にピッタリな精力剤なのかは実際にお試し頂かなければ分からないかと思います。それほど、効き目には個人差があると思って下さい。また、タイ漢方とは言っても副作用が全くないとは言い切れません。漢方の中にはケミカルなお薬と同等の効果が期待できるものもたくさんあります。作用があれば副作用もあるかも知れません。

 

定められた用量用法を守って、その上で効果をお確かめ頂ければと思います。今回は7つの精力剤をご紹介しましたが、この7つすべて調合されているタイハーブの内容が異なります。何が自分に合うのか、どんな調合のバランスが良いのか、あなたにピッタリのものが見つかることを心から願っております。